What's Polyurea?
ポリウレアとは?

ポリウレアは1980年代にプラスチック成形材として開発され、

1990年代に各種用途に展開が進んだ比較的新しい樹脂です。

ポリイソアネート化合物(A液)と活性水素を持つアミン化合物(B液)を

スプレーガンで衝突混合させ化学反応でポリウレアを生成します。

​ポリウレア6つの特徴

 

​耐衝撃性

2mmほどの薄い膜厚でポリウレアコーティングされた屋根瓦や波型スレートは、金槌で思い切り叩いてもびくともしない強靱な耐衝撃性を発揮します。

 

速乾性

5〜20秒ほどで硬化する速乾性はひとつの工程で繋ぎ目のない被膜面の成形が実現でき、従来の補強塗装と比べると工期は最大で5倍程度短縮する事ができます。

 

防水性

紫外線による劣化や、時間が経っても加水分解を起こす事がなく水の浸透を防ぎ、あらゆる素材を保護します。

 

耐久性

高い引張強度、引き裂き強度、耐薬品性、耐摩耗性により長期的な耐久性を確保します。

 

汎用性

素材を選ばないポリウレアはコンクリートを始め金属、アルミ、アスファルト、コンクリート、合成樹脂、木材、鉄板、プラスチックなど、ほぼあらゆる素材に施工が可能。スプレー塗装のため塗装の厚さを微調整して剛性を自由自在に変えられます。

 

環境性

​無溶剤のため環境に優しいだけでなく、防錆、防水、耐熱、耐摩耗、耐塩害、滑り止め、細菌防食防止にも効果が高く、人体に対しても無害です。

Copyright © TakahashiKoumuten Co.,Ltd. All rights reserved.